【スッキリ痛快!】国際線の飛行機の中でクレームをつける白人女性!機長とCAがとった粋で痛快な神対応とは・・・

南アフリカのヨハネスブルグ発の機内で、CAを呼びつけてクレームをつける白人女性

 

CAの呼び出しボタンをしきりに

 

押し続ける白人の中年女性がいた。

 

「何か御用でしょうか?」とCA・・・

 

すると、中年の白人女性が

 

「すぐに席を変えてちょうだい!」と叫んでいる。

 

「何か不都合なことがありましたか?」とCAが尋ねると、

 

「見て分からないの?・・・

 

どうして私の隣にこんな人が座っているワケ」

 

「迷惑だから、別の席を用意して頂戴!」

 

そう訴える白人オバサンは、何を迷惑がっているというのか???

 

そんなクレーマーの隣りに座っていたのは・・・

 

隣りに座っていたのは、憮然とした顔で白人女性クレーマーを見ている黒人男性

 

そう、白人のオバサンは黒人が隣りに

 

座っているのが気に入らないのだ。

 

さも当たり前のように黒人を侮蔑する感覚は、

 

かつてのアパルトヘイトの残像なのだろうか?

 

しかし、アパルトヘイトは1994年に終わっているはずだが・・・

 

アパルトヘイト(Apartheid[注 1])は、アフリカーンス語で「分離、隔離」の意味を持つ言葉で、特に南アフリカ共和国における白人と非白人(黒人、インド、パキスタン、マレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民)の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。
wikipedia


それとも、このオバサンは悪名高い“KKK”のメンバーか?

クー・クラックス・クラン(英: Ku Klux Klan、略称:KKK)は、アメリカの秘密結社、白人至上主義団体である。

「白人至上主義団体」とされるが、正確には北方人種を至上とし(ノルディック・イデオロギーという)、主に黒人、アジア人、近年においてはヒスパニックなどの他の人種の市民権に対し異を唱え、同様に、カトリックや、同性愛者の権利運動やフェミニズムなどに対しても反対の立場を取っている。
wikipedia

 

次ページへ続きます

1 2 3